食事で病気に立ち向かう方法

>

硫化アリルという成分

特にニンニクやネギが良い

野菜炒めをする時やスープを作る時に、ニンニクやネギを追加してください。
すると硫化アリルを摂取して、体の細胞の働きを良くすることができます。
ビタミンBもそれらに多く含まれるので、古くなった細胞が新しく生まれ変わります。
ずっと細胞が古いままでは、ウイルスが侵入してきた時に負けてしまうかもしれません。

常に新しい細胞が生まれるように、定期的にニンニクやネギを摂取しましょう。
タマネギにも、同じような効果があります。
子供はニンニクやネギが苦手だという場合もありますが、タマネギなら食べられるでしょう。
子供の頃から免疫力を高めることで、大人になってからも病気になりません。
小さい頃からの、積み重ねが非常に重要です。

カロテンが多い野菜

ニンジンにも含まれていますが、春菊にもカロテンが豊富に含まれています。
炒めることでさらに吸収率が良くなるので、野菜炒めをする時に春菊を追加してください。
またゴマや、ピーナッツとの相性も良いです。
それらと一緒に合えることでも、おいしい副采が完成するでしょう。
メインのおかずを作っても、足りないと思った時に作ってください。

肉や魚などのメイン料理だけでは、栄養が足りません。
副采を作って、野菜も摂取しましょう。
火を通すと、栄養が流れ出てしまう野菜も存在します。
その場合は流れ出た栄養も摂取できるように、味噌汁やスープにするのが良いですね。
汁まで飲むことで、野菜の栄養を全て摂取できます。
食材が無駄になりません。


この記事をシェアする